+睡眠障害

眠れるツボ

ツボ

人間の体には様々なツボがあります。
それぞれの場所を押したりもんだりさすったりして刺激することで、効果を得るのですが、もちろん眠りに関係しているつぼもあります。
睡眠と関係があるツボを押すと眠利安いのであれば、これらのつぼは”眠りのボタン”ともいえるかもしれませんね。


ツボ療法を行うときのポイント

「つぼ」の探し方

効果的な「つぼ」があることがわかっても、その場所を探し出すのは意外と大変。大体の場所はわかっても、人によって体格も体型も違いますし、目印がついているわけではありませんからあっているかどうか不安になります。
ツボがあるとされる目印に従い、大体の見当を付けたら、その周辺をあちこち押してみましょう。
その中でビリっと電気が走るような感覚があったり、内部に響く痛き気持ちよさを感じる部分があったら、そこがツボです! もしかして近くにある違うつぼを押しているかもしれませんが問題ありませんよ。

押し方・マッサージ方法

ツボは皮膚から少し奥に入ったところにあることが多いため、吐き出す呼吸にあわせて押し込みながらマッサージするのが効果的です。
ツボ周辺が凝り固まっている場合には、始めから強く押し込むのではなく、周辺の筋肉を揉み解しながらポイントに近づくと良いでしょう。
また、ツボによっては握った拳でトントンと叩くだけでよかったり、ぐりぐりと強めに押したほうが効果的な場合もあります。
自分でやっている時は、ちょっと痛いけど沢山気持ち良い、と感じる方法で行うのがお勧めですよ。

温めるのも効果的

手やツボ押しグッズ等を使って刺激するのも良いですが、押すのもマッサージするのも疲れてしまう、面倒だ、という人には、温めるという方法もあります。
お灸を使う方法藻ありますが、もっと手軽に電子レンジで蒸しタオルを作ったり、カイロや湯たんぽも使えます。
しかし、自律神経が低下していたり緊張型頭痛の症状がある場合には、温めると頭痛が酷くなってしまう事もあるので様子を見ながら気持ちいい程度に行ってくださいね。

眠くなる「つぼ」

失眠(しつみん)

不眠の症状に最も効果的だといわれているツボで、左右の足裏にあります。
探し方は、まず足の指からかかとまでを結ぶ中心線を引きます。この中心線と左右のくるぶしを結んだ線が交わった点が失眠です。
悩み事があったり神経が高ぶっている時等にポコポコと100〜200回程度叩くと眠りやすくなります。
一定のリズムで叩く、という動作は入眠効果のある運動にもなりますから一石二鳥です。
このツボには鎮静作用の他、利尿作用を高める効果もあります。就寝直前に行うと夜中にトイレへ行きたくなるかも知れません。


少衡(しょうしょう)

ストレスから眠れない、イライラして落ち着かない、という時に効果的なのが少衡です。
左右の小指の内側(薬指側)で、爪の付け根から2mm程度下の場所にあります。
ココは少し強い力ではさみ混んでぐりぐりやるのがおすすめ。親指と人差し指や中指の第一関節ではさみ混んでもんでみましょう。
始めはちょっと痛い方が強くて気持ちいいと感じられないかもしれませんが、3〜5分程度ぐるぐるしているうちにイライラや気持ちの高ぶりが静まってきます。
イライラを沈める働き以外にも、精神的なストレスの緩和や冷え症や肩こりの改善にも効果的なので、無意識にぐりぐりする癖をつけておくといいかもしれません。