+睡眠障害

睡眠薬の選び方

睡眠薬,種類

眠れない、起きてしまう、といった睡眠障害の症状を改善するため利用される睡眠薬。
しかし、安全性が高く効果的な薬剤を使っていても、くすりはクスリ、体にとっては異物なんです。それぞれの不眠症状や状態にあった薬を正しい使い方で使用しないと効き目が無かったり、副作用が強く現れてしまう事だってあります。
心地よい眠りと平穏な日常を手に入れるためにも、正しい知識を持ってきちんと使えるようになることが大切なんですよ。


不眠症のタイプにあった睡眠薬を選ぶ

不眠のタイプを知る

睡眠薬の使用で症状を改善するためには、不眠の症状にあったものを選ばなければ意味がありません。
例えば、夜中に何度も目が覚めてしまう中途覚醒タイプの人が即効性・短時間の効き目しか無い睡眠薬を利用しても夜中には効き目が切れていますから結局何度も起きることになってしまうからです。
不眠のタイプは症状別に、なかなか眠れない入眠障害タイプ、夜中に目が覚めたり脳が覚醒してしまう中途覚醒タイプ、朝早く目が覚めてしまう早朝覚醒タイプがあります。
あなたのタイプはどれに当てはまりますか?

睡眠薬の種類と不眠のタイプ

医師が処方する睡眠薬は、その人の非民症状に合わせて短時間作用型・中間時間作用型・長時間作用方などの種類とタイプがあります。
基本的には、寝つきにくい人の場合には短時間型の即効性で効き目が早く切れるタイプが選ばれます。また、熟睡感が無い、夜中に何度も覚醒してしまうという人には中間時間作用の効き目がゆっくり現れる種類が、朝早く目が覚めてしまう人には効き目の長い長時間型が処方されます。
しかし、同じような不眠の症状に対して必ず同じ薬が使われたり組み合わせて処方されるわけではありません。

睡眠薬の特徴と副作用を正しく知る

効果・持続性と副作用

即効性の高い短時間・超短時間タイプの睡眠薬は、効果が表れるのが早い分効果が切れるのも早いのが特徴です。そのため翌日まで眠気を持ち越すことはあまりありません。しかし、中間時間型や長時間型と比べると健忘症や、急に使用を中止した時に不眠症状が酷くなりやすいという副作用がみられます。
反対に中間時間型や長時間型は、短時間型と比べると翌日に眠気を持ち越しやすく、眠気は無くても日中に運動機能の障害が現れることがあります。しかし、急に使用を中止しても不眠症状が酷くなりにくいのが特徴です。

市販薬ってどうなんだろう?

市販で販売されている不眠治療に効果のあるといわれる薬は、抗ヒスタミン薬が一般的です。
花粉症や抗アレルギー、風邪薬にも含まれていることが多く、副作用として眠気を催しやすいという作用があります。そのため、突発的に眠れなくなった場合や寝付きにくい等の症状が軽い場合にはこの作用が効果的に働き、眠りやすくなります。
しかし、慢性的に不眠の症状がある人や夜中に何度も起きる中途覚醒、早朝覚醒などの症状がある人には向いていません。
一ヶ月以上眠れない場合には市販薬ではなく、病院を受診しましょう。

眠れるハーブ・サプリメントとは?

セントジョーンズワートというハーブが不眠症状の改善に効果があると言われている代表的なもので、イライラや不安感などといった症状の治療にも使われることがあるものです。
植物から作られているハーブや植物から抽出した成分を使ってあるなどと聞くと「体への負担や副作用なども無いのでは?」と思いがちです。
しかし、脳内で眠りや覚醒をコントロールするための物質の分泌量を増やす作用のある薬効成分がしっかり含まれている薬で、妊娠中には使用できない事もあります。
飲む前に必ず医師に相談しましょう。