+睡眠障害

睡眠薬について

睡眠薬

睡眠障害に悩む多くの人の願いは、気持ちよく眠り気持ちよく目覚めることです。
また、不眠の症状がある人は、快眠を得るために睡眠薬を使いたいと一度は考えたことがあるそうです。
しかし、睡眠薬を使用すると「やめられなくなるかも…」「依存してしまうのでは…」「ボケてしまうのでは…」「体にキケンがあるのでは…」など、使うことを不安に思っている人が多いのも事実です。


主に使用されている睡眠薬

睡眠薬のイメージを作ったバルビタール

昔、睡眠障害の症状に画期的な改善と効果があるとして利用されていたのが、バルビタール系タイプです。
この薬は睡眠作用が強く即効性があります。しかし、心身共に依存しやすい・連用することで耐性ができやすく薬の量がどんどん増えてしまう・呼吸器系の抑制作用が強い、等の問題点があり使い方が難しいことがわかりました。
そのため、現在では睡眠障害の治療薬として処方されることはほとんどありません。しかし、この薬のイメージが広まったため、睡眠薬を使うことに強い抵抗感を感じる人が多いようです。

ベンゼンジアゾゼピン系・非ベンゼンジアゾゼピン系

鎮静・抗不安・抗けいれん・筋弛緩作用という特徴を持った薬で、種類によって強さが違い、使われる用途も違っています。
脳の睡眠中枢や覚醒中枢に直接働きかけるわけではなく、怒り・不安などの感情や食欲・性欲等の本能をコントロールしている部分に働きかけて緊張を和らげ、眠気を誘う働きがあります。
バルビタール系より即効性はありませんし、呼吸器系への抑制作用は低いため安全性が高く、現在使われる事が最も多い薬の一つです。
使い方や量によっては、ふらつき・健忘・眠気の持続などの副作用が見られます。

使用方法

飲むタイミングが重要

人間の体に備わっている睡眠のリズムは睡眠障害の人でもある程度働いています。
睡眠薬は飲んですぐに眠ってしまう、という薬ではありません。即効性の高いものでも、飲んでから30分程度してから眠気を催します。
しかし、眠気を催した時に寝る準備が整っておらず活動していると眠気を逃してしまい、約90分後の訪れる眠気のサイクルまで眠れなくなる事もあります。
また、持続性の高いタイプの場合は効果が現れるまでに1時間〜1時間半程度かかるものもあります。症状に合わせてきちんと使い分けるのがポイントです。

花粉症・アレルギーの人は注意!

花粉症やアトピーなどのアレルギー治療に使われている抗ヒスタミン薬は、睡眠薬と一緒に使用すると効き目が強くなってしまったり副作用が強くなる場合があります。
花粉症やアレルギー治療をしている人以外でも、睡眠薬の処方をしてもらう際に必ず服用している薬の種類と名前を意思に伝えておかなければいけません。
また、グレープフルーツやグレープフルーツを使った飲み物や食べ物にも、睡眠薬の効果を強くしてしまう働きがあります。
薬を服用している時は、グレープフルーツの摂取は控えましょう。

注意点

人にあげない

家族や友人が自分と同じような睡眠障害に悩んでいたとしても、自分に処方された薬を上げたり、もらったりしてはいけません。
同じベンゼンジアゼピン系・非ベンゼンジアゼピン系の薬でも、沢山の種類があります。その中から症状や年齢、ホルモンバランスや睡眠リズムなどからその人にあった種類の薬と料が決められていますから、ほかの人の薬は副作用が強く出たり効き目が無かったり、体勢ができてしまう事もあるんです。

副作用に注意

睡眠薬の処方は症状や状態を見ながら最適なものを選んで行きます。そのため、始めからぴったりのものが処方されるとは限りません。
服用していて副作用が現れた場合には、薬の量や種類を変更しなければいけないので、必ず自分の体調に変化が現れた場合には小さなことでも報告しましょう。
副作用の出方も個人差があるので、自分では風邪を引いたかな? と思う程度のことでも実は副作用である可能性もあります。
何か変化を感じたら必ず病院やお医者さんに相談しましょう。